So-net無料ブログ作成
検索選択
アニメ ブログトップ

革命機ヴァルヴレイヴ 11話 あらすじ ネタバレ [アニメ]

ドルシアの軍事法廷第54号
現れたのは、サシナミリュージ 
ショーコの父親だった。
ryu-ji.png
ショーコは相変わらずの恥ずかしすぎる感じだね。。

ここでOP

紫には誰が乗るのか気になる所です。

荒廃したモジュール77を歩くハルト。
どうやらルキノさんと話がしたいようだ。
ルキノさんは相変わらずかわいい。


サンダーの3号機に、勝手に名前をつける山田。
nobuoraitoningu.png
「ノブオライトニング、戻るぞ!!」

【1/144 革命機ヴァルヴレイヴ ヴァルヴレイヴIII 火神鳴 プラモデル】バンダイ 1/144 革命機ヴ...
本当の名前は違うww

オタク技師に賞賛されるサンダー。

各国務大臣が決まり、組閣が完了したようだ。
もちろん、ショウコは滑稽な格好。

ルキノさん正論。
ハルトと二人でバーに行く。

そのときショーコから着信。嫉妬するルキノ。
「謝らせたりなんかしないんだから」

そのとき、アキラから着信。
ここで衝撃の、生徒会長の妹だということがカミングアウトされ、調子乗ったショーコが無神経発言連発でトラウマ発祥。
アキラちゃん、一時崩壊。

再び
ルキノさんパートへ。

ルキノ「二人ボッチでよかったのに…」

ハルト「ルキノさんはもう一人じゃないよ」

警報発生

Bパートへ

カインカルルスタイン。
モジュール77と月の間にドルシア艦隊が迫っている。

エルエルフの指揮の元、ヴァルヴレイブ発進!!


4体になったヴァルヴレイブ、
しかし裁ききれない量のよう。。。

しかし、エルエルフの手のひらの中、、、

エルエルフ「ハラキリブレードで一気に決めろ」
harakiri.png

そんな時、総理に2人で話がしたいとドルシアからの通信が。。。
エルエルフの指示の元、総理官邸へ

デリウスバーデンブルクから通信が入ったが、
サシナミリュージを人質にとったことを映像で伝え、
ショーコを脅す。
ショーコ「卑怯者!!」
デリウス「大人にはほめ言葉だ」

エルエルフ「敵の位置がわかった、ハラキリブレードの射程内だ」

ショーコの決断は、、

ここで、デリウスバーデンブルグから提案が、
「77船団すべてを第3国に亡命させよう、ヴァルヴレイブと引き換えに。」

サシナミリュージ「ははは、ショーコ、お前が次の総理大臣か、、気にするな、土に返り新しい芽を出させるのも大人の仕事だ!前を向けショーコ、お前の未来は後ろには落ちてないぞ!!」


ハラキリブレード充填完了!!
ハラキリブレードで戦局は決した。
サシナミリュージの命と引き換えに、、、

ショーコ「何も、、、できなかった。。。。」



ハルト「エルエルフ、君にはどこまで見えているんだ。。。」


カルルスタイン卿「何も見えてはいない」
karuiru.png
77に侵入者あり。
カルルスタイン卿「ハーノイン、後は任せた」
「ブリッテュンデーゲン!!」

ハルト「ルキノさん、僕をモジュール77に戻して」
ルキノ「がんばってショーコさんを助けてきてね」
皮肉をこめて言うルキノ

ハルトは踵を返し、閉まりかけのカーミラのコクピットにもぐりこむ。
ハルト「この戦いが終わったらにしようと思ったけど、、、ルキノサキさん、僕と結婚してください。。」
rukinmo.png
ついに、上り詰めたヒロイン路線、ルキノさん素敵です!!
次回へ続く。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【ネタバレ注意】 進撃の巨人 第11話 おんしらに人類の命運を託したぞ!! [アニメ]

第11話 偶像-トロスト区攻防戦⑦ー

糾弾されるエレンら3人を救ったのは、ドッド・ピクシス最高司令であった。

司令「彼らの話を聞いてみたほうが言いと思うがな」

無題.JPG
司令「おんしは穴をふさげるか??」

という問いに、エレンは不安ながらもできるという。

敵は巨人だけじゃない、人々の不安とも戦わねばならない。そんな理由から、早急に戦果を挙げるしか、巨人と化したエレンが救われる方法はない。

再び兵士たちにトロスト区奪還作戦への出撃命令が出された。

ついさっき強靭と戦う恐怖を味わった兵士の感情は揺れている。

司令は、エレンにかつて人間同士の争いの歴史があったこと。

巨人との戦いは、そんな人間が団結するかもしれんと思って始まったことを話す。
エレンは、それでも絶えず争いをする人類の現状を嘆く。

司令「おんしはわしと同じで、心性がひん曲がっとるなww」

司令は兵全体に向けて壁の上から伝える。
司令「今からトロスト区奪還作戦の説明をする、本作戦の目的は穴を塞ぐことである」

指令の怒号が響く。

司令「彼、エレン・イェーガー訓練兵は、われわれが極秘裏に行ってきた巨人化実験の成功者だ」

ざわつく広場。。。



同時にアルミンは、作戦会議にいた。できるだけ被害の少ない作戦を提唱し、先輩兵士からも一定の支持を得る。



広場では、、司令の作戦に巨人と戦うことを恐怖し、やけになって去るものが多数を占める。

「どうせ死ぬなら、最後は家族にあいたい!!」

各隊長が「貴様!死ぬ覚悟はできておろうな!!」と剣を振りかざそうとしたとき

司令「ここから去るものの罪を免除する!!巨人の恐怖に屈したものは去るがいい!!そして、家族にその恐怖を味合わせたいものも去れ!!」


「それだけは、、、」
司令ピクシスの魂のこもった演説が兵士たちの心を奮い立たせた!!

その言葉を聴き、エレンも自らの役割を再度かみ締める!!

※立体起動のコスプレすげーー
cos道具 コスプレ道具/進撃の巨人 風/ミカサ アッカーマン 風/武器 剣/cosplay用品/パーティ...

兵士「ひとついいでしょうか??エレン訓練兵の人間兵器とやらは、本当に機能するのでしょうか???この作戦はあまりに不特定要素に頼りすぎている気がします。」

司令「おんしらは、そんなに巨人に負けたいのか?わしは本当に負けるのが嫌いじゃ、絶対に負けとうない」

司令「お前は、酒の味がわかる。勝利の美酒も敗北の苦酒もじゃ。。だから大丈夫だ。おんしらに、人類の命運は託したぞ」


そんな中、状況が開始する。
先輩兵から言葉を送られるエレン。
「少なからず、この作戦で散る兵士がいるだろう・・だが、彼らは駒じゃない。名前も家族もある、血の通った人間だ。彼らの死を犬死ににさせるな。それを甘ったれた貴様の心に刻んでおけ」

2.JPG
緑の焔弾!!
すさまじい立体起動、、
オープニングでおなじみの神立体起動映像じゃないか??


ミカサ「人の比率から考えれば、あの岩は持ち上げられない、だが、、え、エレン」

1.JPG
巨人になったエレン!ミカサに強烈な右ストレートを放つ。

次回、いったいどうなる??
トロスト区攻防戦⑧-傷-へ続く

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【ネタバレ注意】とある科学の超電磁砲s 第10話 ついにイマジンブレイカー現る?? あらすじ  [アニメ]

御坂美琴大ピンチ



ムギノの攻撃がなぜか止み、思考を巡らせる御坂美琴。

フレンダの使ってた導火線を発見し、爆弾入りのぬいぐるみをみて何かを思案する御坂美琴。さぁ、今週はどうなることやら??

タキツボが能力を使い尽くして戦闘から離脱し、あとはムギノに任せることにしたようだ
「あ、爆弾回収し忘れた」
とフレンダ

レベル5同士の戦い

爆弾に磁力を仕込みありえねぇ数を自由自在。。。

無題.JPG

完全にファンネルのオマージュww

メルトダウナーとの戦い、攻めているが完全に押されている。
ぬいぐるみに仕込んだ金属を頭部に当てて倒したようだが、、、
そんな強力な重さの金属、体いつ仕込んだんですかね??

研究機関を破壊し、外に出ようとするが、倒したはずのメルトダウナーがいない。

メルトダウナーの反撃。

頭を打ってか、あり得ないほどブチ切れ具合。
口が悪い。

追い詰められた御坂、橋を落としてなんとか難を逃れたが、、、

残り一箇所を残して、どうなる??

そんな時生き残ったメルトダウナーが、計画に興味を持つ。

真相知ることメルトダウナー。。。

朝目覚めるとある程度の能力が復活している。

もう一箇所は、、、すべてのデータが消去されも抜けの方だった。
思案を巡らせる御坂美琴。ミカサシスターズの無機質な言葉が心に突き刺さる。実験が終わったんだと解釈したい御坂だが、思い出すだけで辛いトラウマになっていたが、、、、

無題.JPG

ここで、なんとついにあの男登場!!

次回、本編の最強のレベル0 イマジンブレイカー久々に現れるか!!!
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 11話 ネタバレ注意 たまき頭弱すぎ! [アニメ]

マジェプリ 11話キター!!

MJP機関にまた指令が。

火星にウルガルの敵艦が墜落していることがわかった。
チームラビッツは、敵艦に潜入工作を行うこととなった。

ウルガルからの亡命者ダニールから母艦の構造の説明を受ける。

アレス作戦発動!!

余談だが、MJPでは宇宙イカを食っているらしい。

先輩に飼いならされるたまき。

出撃時の玉木の尻アングルが秀逸。

磁気を帯びた酸化鉄の嵐でレーダーが、、、
ミノフスキー粒子か??

ゴールド4の射撃技術すげぇ!!超磁気嵐のなか、マニュアル操作でドンピシャに狙撃して行く。


ダニールによれば、
母艦は生体組織で組成されていて、瓦解してきている。

イズルが敵について聞くとダニールは
「兵士階級には自由意志がない、コマにすぎない彼らはウルガル人にとって機械のようなものでしかなく、消耗品。

テェオーリア様もそれはおかしいと亡命したのです。」

瓦解が進み、イズルたちは窮地に立たされている。

しかし、起点を効かせたイズルは各機に指示を出し脱出するが、無理がたたったたまきの機体限界に近くなる。たまきのアッシュが臨界直前になる。

無題.JPG

必死で冷却するが、間に合うのか??

何とか、アッシュのメルトダウンは避けられたが、、、、

たまきの頭が弱すぎてウケる。
デブ三兄弟がいい味を出している。

指令が最後にボソっと
ゲートの位置がわかれば、、、、」

ゲートとは一体??
次回に期待!!



nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
アニメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。