So-net無料ブログ作成

革命機ヴァルヴレイヴ 11話 あらすじ ネタバレ [アニメ]

スポンサーリンク




ドルシアの軍事法廷第54号
現れたのは、サシナミリュージ 
ショーコの父親だった。
ryu-ji.png
ショーコは相変わらずの恥ずかしすぎる感じだね。。

ここでOP

紫には誰が乗るのか気になる所です。

荒廃したモジュール77を歩くハルト。
どうやらルキノさんと話がしたいようだ。
ルキノさんは相変わらずかわいい。


サンダーの3号機に、勝手に名前をつける山田。
nobuoraitoningu.png
「ノブオライトニング、戻るぞ!!」

【1/144 革命機ヴァルヴレイヴ ヴァルヴレイヴIII 火神鳴 プラモデル】バンダイ 1/144 革命機ヴ...
本当の名前は違うww

オタク技師に賞賛されるサンダー。

各国務大臣が決まり、組閣が完了したようだ。
もちろん、ショウコは滑稽な格好。

ルキノさん正論。
ハルトと二人でバーに行く。

そのときショーコから着信。嫉妬するルキノ。
「謝らせたりなんかしないんだから」

そのとき、アキラから着信。
ここで衝撃の、生徒会長の妹だということがカミングアウトされ、調子乗ったショーコが無神経発言連発でトラウマ発祥。
アキラちゃん、一時崩壊。

再び
ルキノさんパートへ。

ルキノ「二人ボッチでよかったのに…」

ハルト「ルキノさんはもう一人じゃないよ」

警報発生

Bパートへ

カインカルルスタイン。
モジュール77と月の間にドルシア艦隊が迫っている。

エルエルフの指揮の元、ヴァルヴレイブ発進!!


4体になったヴァルヴレイブ、
しかし裁ききれない量のよう。。。

しかし、エルエルフの手のひらの中、、、

エルエルフ「ハラキリブレードで一気に決めろ」
harakiri.png

そんな時、総理に2人で話がしたいとドルシアからの通信が。。。
エルエルフの指示の元、総理官邸へ

デリウスバーデンブルクから通信が入ったが、
サシナミリュージを人質にとったことを映像で伝え、
ショーコを脅す。
ショーコ「卑怯者!!」
デリウス「大人にはほめ言葉だ」

エルエルフ「敵の位置がわかった、ハラキリブレードの射程内だ」

ショーコの決断は、、

ここで、デリウスバーデンブルグから提案が、
「77船団すべてを第3国に亡命させよう、ヴァルヴレイブと引き換えに。」

サシナミリュージ「ははは、ショーコ、お前が次の総理大臣か、、気にするな、土に返り新しい芽を出させるのも大人の仕事だ!前を向けショーコ、お前の未来は後ろには落ちてないぞ!!」


ハラキリブレード充填完了!!
ハラキリブレードで戦局は決した。
サシナミリュージの命と引き換えに、、、

ショーコ「何も、、、できなかった。。。。」



ハルト「エルエルフ、君にはどこまで見えているんだ。。。」


カルルスタイン卿「何も見えてはいない」
karuiru.png
77に侵入者あり。
カルルスタイン卿「ハーノイン、後は任せた」
「ブリッテュンデーゲン!!」

ハルト「ルキノさん、僕をモジュール77に戻して」
ルキノ「がんばってショーコさんを助けてきてね」
皮肉をこめて言うルキノ

ハルトは踵を返し、閉まりかけのカーミラのコクピットにもぐりこむ。
ハルト「この戦いが終わったらにしようと思ったけど、、、ルキノサキさん、僕と結婚してください。。」
rukinmo.png
ついに、上り詰めたヒロイン路線、ルキノさん素敵です!!
次回へ続く。


スポンサーリンク



nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。