So-net無料ブログ作成

iphone ios 7 特徴 [未来ガジェット通信]

スポンサーリンク




ついにAppleが次世代OS ios7を発表した。
アップルは米国時間の10日,サンフランシスコで行われた「Worldwide Developer Conference(WWDC)」にて,モバイル端末に向けた次期OS iOS7を発表。

今回の刷新は,大きな変革をもたらすようだ。

iOS7の関連画像はこちら

まず,デザインの一新。
全体的にフラットなデザインとなり従来のOSのイメージからはかなりの変更が加えられた。

さらに,当然のことながらプリインストールアプリも変更が加えられ,デザインも新しい物となった。
ロック画面などのバックグラ運度ではライブアニメーションが流れるようになっており,目に映る画面が新鮮だ。

画面下部をスワイプすると明るさなどの調整ができるコントロールセンターが現れ,通常使う補助タスクが使用しやすくなった。
また,Safariも新規ウインドウのタブ制限がなくなり,複数のタブをカードのように表示できる。さらに,直感的な並べ替えやページ選択ができるようになった。

今回の大きな変化のひとつに,Photoの効率化が上げられる。
撮影場所や日時で写真が自動整理される機能に加え,イベントカレンダー的な機能も追加されたようだ。もちろん従来どおり,各種クラウドサービスを使用し共有も可能だ。AirDropにも対応した。

「siri」も刷新が発表された。これまでの女声に加え男声を選択できるようになったのだ。現段階では,英語,ドイツ語,フランス語のみの対応。明るさの調整や留守電の再生,SNS関連の連携機能を音声で管理できるようになった。

さらに,自動車との連携が強化され,車のディスプレイにiOSデバイスの画面を直接表示しsiriでコントロールが可能に。走行中のメッセージの読み上げなど,iOS the Carとして前面に押し出された。

AppleStoreでは,年齢別に検索が可能となり,低年齢層の使用を考慮された内容と成っている。さらに,アプリの自動アップデートにも対応した。

各種がジェット通信が予想してた,音楽ストリーミングサービスも「iTunes Redio」も発表されたようだ。無料で画境をスリーミング再生できる代わりに広告が表示される。

iOS7は,一般向けに今秋に提供される見込みで,iPhone4以降のデバイスに対応するとのことだ。



スポンサーリンク



nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。